スタッフボイス

2005年4月22日

いよいよGWまでmあと一週間ほどになりましたね(^^)/♪ 今年は全部つなげると、10日間という大型連休になり、忙しい日常を送られている方にとっては、ゆったり&のんびりできる癒しのひと時ですね。皆さまは、どんな計画をお立てですか? ちなみに堺クリニックは、今月27日(水)から、いよいよ増築工事の内装にとりかかり、5月6日(金)まで連日工事というスケジュールルになっております。 先月末からは、隣接の駐車場が狭くなってしまっており、皆さまには大変ご迷惑をお掛けしております。本当に申し訳ございません m(_ _)m 連休明けと共に、工事の方も終わる予定ですので、リニューアルほてい☆を楽しみにしていて下さいね♪(^^)♪ ここ最近は連日のように、設計や工事の業者さんとの打ち合わせが続き、院長もかなりお疲れのご様子・・(f^^;) スタッフ一同、完成が待ち遠しい今日このごろであります☆ よく患者さんから「工事してはるみたいですけど、どう変わるんですかぁ?」と聞かれるので、ここで、少しだけタネあかしを致しますネ♪ まず、待合室が広くなります☆ 平日の夕方や土日は待合室が混み合い、椅子には座りきれず、立ったままの状態でお待ち頂いてた患者さんが沢山いらしたため、大変ご迷惑をおかけ致しておりましたが、今後は、これでずいぶん解消されるかと思います☆ その他にもリニューアル箇所は沢山あるのですが、あとは出来上がってからのお楽しみ♪ということで・・(**^^**) というワケでございまして、もうしばらく皆さまには大変ご迷惑をおかけすることになりますが、充実した矯正治療をご提供させて頂くためにも、どうぞご理解下さいますようお願い致します m(_ _)m 

2005年4月16日

桜前線はいよいよ信州や東北に上昇し、大阪では緑がキレイな桜に変わり始めました。今年の桜は、寒の戻りが長引いたせいか、例年よりも少し遅めの開花となりましたが、桜☆桜♪と喜び騒いでいるうちに、お花見シーズンも終わってしまいましたね。 「花の命は短くて、苦しきことのみ多かりき」 美しく咲き誇る月日は夢のように駆け足で過ぎてゆき、そしてまた苦しく長い冬が訪れる・・。 はらはらと舞い散る花たちは、過ぎ去ろうとしている今年の春をどんな思いで、風に吹かれて飛んでいくのでしょうか・・ 花の命は本当に短いものですが、その短い命であるからこそ、大切に慈しまれ、人々に愛されるものでもあります。 短い命を惜しみながら見届ける私たちは、今年の桜を忘れることなく、来年の春もまた心から楽しみに待ち願いつつ、季節のうつろいを感じていきたいものです。 いよいよ4月も半ばを過ぎました!まもなく、待ちにまったGWです♪楽しい計画をたくさん立てて下さいね!(^_^)♪ 

2005年4月6日

いよいよ桜が満開のころを迎えましたね!皆さんは、お花見にはもう行かれましたか? 私は、今週の土曜日に京都へ行く予定です(^^)♪楽しみ楽しみ・・♪ 昨日、4月5日は、二十四節気のひとつ、清明(せいめい)でした。読んで字のごとく、花が咲き、野山が明るく清らかなころを意味するもので、春らしい節気ですよね。つい先日のテレビでも、ツバメの巣作りや、沖縄での海開きなど、爽やかで心がウキウキしそうなニュースがたくさん報道されていましたよ(^o^)♪ ところで・・春の花と言えば、誰しも、まず頭に浮かぶのが「桜」ですが、菜の花やチューリップ、タンポポや雪割草などもまた、桜に負けじと、愛らしいお顔を見せてくれています。そんな春の花たちはSpring-ephemeral(スプリング-エフェメラル~春のはかない命・春の妖精~)とも呼ばれているのをご存知ですか? 春の、ほんのわずかなひと時だけ、私たちの心さえも春色に染めてくれる花の命は、とても短いものであるからこそ、そのはかない命を慈しんであげたいものですよね。厳しく長い冬を乗り越え、今年も美しく咲き満ちた花たちの労をねぎらい、その美しさを十分に愛でてあげて下さいね!