症例紹介
Loading

前歯部不正(交叉咬合など)

叢生(乱ぐい歯)

上顎前突(出っ歯)

★12歳 女子 混合歯列 非抜歯

担当医:
布袋裕美

上顎の前突感と前歯のデコボコを主訴に来院された小学校6年生の患者さんです。上顎前突と叢生の程度は比較的軽度でしたので、ヘッドギアーを用い、大臼歯の後方への拡大を行いました。その後、非抜歯でエッジワイズ装置に移行しております。上下顎の第二大臼歯に大きな不正が見られ、その配列の為、後期治療に期間を要しました。
拡大処置1年、後期2年6ヵ月で治療いたしております。

患者さんからの感想

「小さい頃から前歯の歪みを気にしていたので、思い切って矯正することに決めました。初めは痛みもあり、慣れるのに少し時間がかかりましたが、ほていの皆さんのサポートのお陰で、最後まで続けることが出来ました。歯並びも綺麗になり、今では思い切り笑える様になって、すごく満足しています。今までお世話になりました。ありがとうございました!!」

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時


症例紹介の他のコンテンツ

診断別

年代別

担当医別

その他

フリーワード検索

症例詳細検索はこちら

歯科矯正治療による偶発症などについてはこちらをご参照ください。