症例紹介
Loading

過蓋咬合(深いかみ合わせ)

過蓋咬合(深いかみ合わせ)は、上顎の歯が下顎の歯に大きく重なって、下顎の前歯がほとんど見えない状態です。深いかみ合わせのため、上額内側の歯肉や下顎前歯の歯肉を痛めやすく、下顎の正常な前方運動を妨げます。また、上顎前突と複合するケースも多く見かけます。そのため、患者さんが思われる以上に、歯科医にとっては気になる「かみ合わせ」です。お子様の場合、小学校なかばの混合歯列期(10~12歳)での受診をお勧めいたします。 その時期であれば、非抜歯での治療が可能となるケースが多くあると思います。成人の方の治療も、もちろん可能ですが、成長終了後であれば、期間が長めにかかることがあります。

症例

尚、患者さんから治療についてのコメントをいただけたものは、★印が付いております。

患者さんからのコメント一覧はこちら

【混合歯列 非抜歯】
【永久歯列 非抜歯】
【永久歯列 抜歯】