症例紹介
Loading

開咬

開咬とは、奥歯は咬んでいても、前歯が咬み合わずに開いている状態を言います。 開咬は前歯で食べ物を咬めないばかりか、正しい発音もできません。舌の前方への突出癖を伴うことが大半です。お子様の場合、小学校なかばの混合歯列期(9~10歳)での受診をお勧めいたします。 その時期であれば、非抜歯での治療が可能となるケースが多くあると思います。成人の方の治療も、可能ですが、抜歯を伴うことが多くなり、舌癖が残る場合は、かみ合わせが不安定になる場合があります。

関連記事

症例

尚、患者さんから治療についてのコメントをいただけたものは、★印が付いております。

患者さんからのコメント一覧はこちら

【混合歯列 抜歯】
【永久歯列 非抜歯】
【永久歯列 抜歯】

症例紹介の他のコンテンツ

診断別

年代別

担当医別

その他

フリーワード検索

症例詳細検索はこちら