治療案内
Loading

顎関節症について

文責:柴口竜也,布袋善久

若い女性を中心に増えている顎関節症
歯列矯正治療との関わりについてご説明致します

顎関節症とは?

『顎関節症』という病気をご存じでしょうか。テレビや新聞などでよく取り上げられるようになりましたので、ご存じの方は大勢いらっしゃるでしょう。また、虫歯の治療に行かれた際に、「アゴが鳴る」ので、顎関節症かもしれないと指摘された方もいらっしゃると思います。歯科の二大疾患として、虫歯と歯周病が挙げられますが、最近、『顎関節症』は、それらに続く第三の疾患として認識されています。

「アゴが鳴る」、「アゴが痛い」、「口が開きにくい」といった症状(顎関節症の3大症状)が認められる場合に、顎関節症と診断される可能性があります。顎関節症という名前から推測すると、症状も原因も顎関節に限局する病気のように感じます。しかし、首の痛みや頭痛が伴う場合もあり、何かととらえにくい病気です。そのため、何科にかかったらよいのか分からずに、整形外科や整体、神経内科に行かれる場合も多いようです。第三の歯科疾患と言われるように、一般歯科が治療を担当していますが、痛みの程度が酷かったり、口がほとんど開かなかったり、治療が長引いたりといった場合には、大学病院の口腔外科や補綴科が担当します。また、噛み合わせが悪いからアゴに問題が起こったのだとの思い込みから、矯正歯科を受診される方もいらっしゃいます。一方、「アゴが鳴る」のみで、痛みを伴わない場合、積極的な治療を必要とせず、放置しても日常生活に何ら不自由しません。

矯正歯科に来られる患者さんは若い女性が中心ですが、顎関節症も若い女性に多い病気です。また、歯列矯正は噛み合わせを直接さわる治療ですので、顎関節症との関わりも気になるところでしょう。歯列矯正治療との関わりも含めて、顎関節症を正しく理解して頂くために、まずは、顎関節症になったとき、関節内部でどのような変化が起こっているのか知って頂くところから始めます。そして、その原因へと話を進めていきます。


治療案内の他のコンテンツ