治療案内
Loading

各種矯正装置 一覧

文責:柴口竜也,布袋裕美,布袋善久

矯正装置というと、一般の方は、歯の表面に装着する装置(エッジワイズ装置といいます)を思い浮かべるようです。そのため、初診説明の際に、他に各種装置があることに驚かれるご父兄の方が沢山おられます。みなさんエッジワイズ装置から矯正治療が始まるとの認識のようです。特にお子様の場合、その前に、「段取り」が必要です。ここでは、その矯正装置を分類し、代表的なものをご説明したいと思います。

可撤式装置

患者さん自身で「はめ外し」可能な装置

  • 拡大床
    床装置
    顎の拡大を目的に使用するのがケース多いですが、簡単な歯の傾斜移動などにも使用されます。
  • 咬合挙上床
    咬合挙上床
    噛み合わせの深い上顎前突や過蓋咬合の治療に使用されます。
  • FKO
    FKO
    上下顎の前後的関係を治すために使用します。主に、上顎前突の改善に用います。
  • リップバンパー
    リップバンパー
    口唇や頬からの圧力を排除し、舌圧により歯列の拡大をはかります。主に下顎の歯列の拡大に用います。
  • インビザライン
    インビザライン
    カスタムメードの透明マウスピースを装着し、個々の歯を3次元的に動かします。

ページトップへ

固定式装置

医院でのみ取り外し・調整が可能な装置

  • リンガルアーチ
    リンガルアーチ
    歯の裏側にそったアーチにスプリングを接合し、スプリングの弾力を利用して歯を目的の方向へ動かします。
  • QH(クォードヘリックス)
    QH(クォードヘリックス)
    歯の裏側より、歯列を側方へ拡大する装置です。拡大速度は拡大床装置と急速拡大装置の中間ぐらいです。
  • パラタルアーチ
    パラタルアーチ
    抜歯ケースにおいて、上顎大臼歯が不用意に前方へ移動するのを防ぐ装置です。歯の裏側に装着します。
  • タングクリブ
    タングクリブ
    つばを飲み込むときに、舌を突出させるという悪習癖(舌突出癖)があるのですが、この癖を防止する目的で使用します。
  • GMD
    GMD
    大臼歯を傾斜さすことなく、後方へ動かす装置です。非抜歯矯正治療でよく用いられます。
  • 急速拡大装置
    急速拡大装置
    読んで字のごとく、急速に歯列を拡大する装置です。

ページトップへ

顎外固定装置

お顔の外に出るもので「はめ外し」可能な装置

  • ヘッドギアー
    ヘッドギアー
    上顎の前方成長抑制と上顎大臼歯の後方移動のために使用されます。
  • チンキャップ
    チンキャップ
    下顎過成長による反対咬合の場合に、下顎の前方成長抑制のために使用します。
  • プロトラクター
    プロトラクター
    上顎劣成長による反対咬合の場合に、上顎の前方成長促進のために使用します。

ページトップへ

エッジワイズ装置

1本ずつの歯の表面につける固定式装置

  • メタルブラケット
    メタルブラケット
    それぞれの歯に接着した装置をブラケットといい、そのブラケットに色々な形状、大きさ、材質のワイヤーを装着して、歯を高い精度で目的の位置へと動かします。
  • セラミックブラケット1
    セラミックブラケット
    ブラケットとワイヤーで構成されるエッジワイズ装置ですが、そのブラケットで従来のメタル製ではなくセラミック製を用いたものになります。目立ちにくいメリットがあり、見た目を気にされる方には、お勧めいたします。
  • セラミックブラケット2
    セラミックブラケット+コーティングワイヤー
    矯正用にコーティングされた白いワイヤーが開発されており、セラミックブラケット単体での使用より、より目立ちにくきなります。
  • リンガルブラケット
    リンガルブラケット
    各種エッジワイズ装置ですが、従来の表側からの装置ではなく、裏側(リンガル)からの装置もあります。ブラケットとメタルの組み合わせは同じですが、表から目立たずに、矯正治療を受けていただくことができます。

ページトップへ

保定装置

歯並びの終了後に、安定のため利用する装置

  • ボンデッドワイヤー
    ボンデッドワイヤー
    歯を動かした後、元に戻らないようにすることを保定といい、そのための装置の一種です。
  • リテーナー
    リテーナー
    同じく保定装置の一種ですが、取り外し可能なタイプとなります。各種のタイプがあり、使用目的は違いますがどれも床装置に分類されるものです。
  • スプリングリテーナー
    スプリングリテーナー
    リテーナーと同じく取り外し式の装置で、主に、下顎前歯部に使用します。
    スプリングリテーナーは、単に元の形をとどめておくだけでなく、復元力もあるため、軽度の後戻り症例の治療にも利用されます。
  • エシックス
    エシックス
    エシックスは取り外し可能な、透明のマウスピース型保定装置です。その素材、厚みなどが工夫され、各種開発されております。部分的な保定ではなく、全体的な安定が得られます。

治療案内の他のコンテンツ