症例紹介
Loading

叢生(乱ぐい歯)

上顎前突(出っ歯)

★10歳 女子 混合歯列 非抜歯

担当医:
布袋善久

八重歯を気にされて来院された10歳の女子です。上顎の叢生の程度は中程度で上顎第二大臼歯の萌出前であったので、ヘッドギアーとセクショナルアーチを用い、大臼歯の後方への拡大を行いました。その後、その空隙を利用して、非抜歯でエッジワイズ装置を用いて配列を行いました。拡大治療に2年、後期3年で治療いたしております。

患者さんからの感想

娘の犬歯はとても大きく、歯を抜かずに矯正できるか少し不安でした。又、矯正の方法としては、犬歯を入れるためのスペースを作るために、犬歯から後の歯を全体的に奥にずらすということでしたので、激しい痛みを伴うのではないかと心配致しておりました。しかし、お陰様で然程強い痛みもなく歯も1本も抜かずに、とても綺麗に矯正して頂けました。
犬歯が気になり、ニッコリ笑えなかった娘ですが、ほてい矯正歯科様のお陰で、今では満面の笑みです。親子共々大変嬉しく、有難く思っております。本当にどうも有難うございました。

クリニックコメント

笑顔に自信がもてるようになって喜んでおります。当院で矯正治療を受けていただきありがとうございます

症例画像

初診時

動的治療終了時


症例紹介の他のコンテンツ

診断別

年代別

担当医別

その他

フリーワード検索

症例詳細検索はこちら

歯科矯正治療による偶発症などについてはこちらをご参照ください。