症例紹介
Loading

叢生(乱ぐい歯)

臼歯部不正(交叉咬合など)

★10歳 女子 混合歯列 非抜歯

担当医:
布袋裕美

上下顎で「生え替わるためのスペースが無い」ことを主訴に来院された小学校5年生の女子です。父兄の方のご指摘の様に上下顎右側犬歯部で全くスペースの不足した状態でした。また、上顎の6歳臼歯が外側向きに萌出しており、これも全く咬み合わない状態でした。まず、セクショナルアーチによる上顎大臼歯の配列を行った後。上下顎拡大を行いデーモンシステムを用いて非抜歯で配列を行いました。

患者さんからの感想

矯正前は歯を抜かれたり、痛そうだと思ってたけど、始めてみたらあまり痛くないし、歯を抜かれることもなく、歯が綺麗にそろったので嬉しかったです。一時期、寝てる間につけてたやつは、一番きらいだったけど、あれのおかげで歯が綺麗に並んだので大事だなと思いました。

クリニックコメント

一番きらいだった装置の名前は「ヘッドギアー」です。その通りで、非抜歯で治療の場合に本格矯正の前に必ず必要な装置となります。協力いただき本当にありがとうございました。良い治療結果となったことを喜んでおります。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時


症例紹介の他のコンテンツ

診断別

年代別

担当医別

その他

フリーワード検索

症例詳細検索はこちら

歯科矯正治療による偶発症などについてはこちらをご参照ください。