治療案内
Loading

各種矯正装置

保定装置

文責:柴口竜也,布袋裕美,布袋善久

矯正で歯を配列した後に、使用いただく装置です。矯正治療後であっても、歯は後戻りしようとします。それを防ぐための装置を保定装置と言います。取り外し出来ない固定式と取り外し可能な可撤式に分類されます。当院での矯正治療後は、固定式のボンデッドワイヤーと可撤式のリテーナー(又は、エッシクス)の併用をお勧めしております。装着期間は、約2年~3年が目安です。

ボンデッドワイヤー(ワイヤーボンディング、G-Archなど)

ボンデッドワイヤー
目的
 歯を動かした後、元に戻らないようにすることを保定といい、そのための装置の一種です。
細くて丈夫なワイヤーを歯の裏側に接着し、歯を強固にとめておきます。
使用方法
主に、前歯部の裏側に接着し固定しますので、自分で取り外すことはできません。
ボンデッドワイヤーのみで保定することもありますが、たいていは、リテーナー、エシックスと呼ばれる取り外し式の保定装置と併用します。
コメント
エッジワイズ装置の撤去と同時に、上下顎前歯部の裏側につけますが、噛み合わせが深い場合は、下顎前歯が噛みこむ可能性があり、上顎前歯部に使いにくい場合があります。
下顎前歯部につけた場合、歯石がつきやすく、数ヶ月に一度、医院で除去する必要があります。
装着期間は、約2年~3年ですが、外すと後戻りが予想される場合は、さらに、長期間つけておくこともあります。

ページトップへ

リテーナー(ベッグタイプリテーナー、ホーレータイプリテーナーなど)

リテーナー
目的
同じく保定装置の一種ですが、取り外し可能なタイプとなります。各種のタイプがあり、使用目的は違いますがどれも床装置に分類されるものです。
使用方法
エッジワイズ装置撤去後すぐは、後戻りしやすいため、食事や歯磨き以外、出来るだけ長時間使用して頂きます。その後、使用時間を徐々に減らしていき、寝ているときのみの使用となります。
ボンデッドワイヤーと呼ばれる保定装置と併用する場合が多く、その場合は、使用時間を夜間だけにすることが出来ます。
コメント
エッジワイズ装置の撤去と同時に、リテーナーの使用を開始します。
取り外しが可能なため、虫歯などの可能性が無く、簡単で利便性が高い反面、装着時間が少なかったり、紛失などが重なると、戻ってしまうこともあります。
装着期間は、約2年~3年ですが、安定度が悪い場合は、さらに、長期間つけておくこともあります。

ページトップへ

スプリングリテーナー

スプリングリテーナー
目的
リテーナーと同じく取り外し式の装置で、主に、下顎前歯部に使用します。
スプリングリテーナーは、単に元の形をとどめておくだけでなく、復元力もあるため、軽度の後戻り症例の治療にも利用されます。
使用方法
エッジワイズ装置撤去後すぐは、後戻りしやすいため、食事や歯磨き以外、出来るだけ長時間使用して頂きます。その後、使用時間を徐々に減らしていき、寝ているときのみの使用となります。
ボンデッドワイヤーと呼ばれる保定装置との併用はできませんが、ボンデッドワイヤー撤去後の保定装置として使用することがあります。
コメント
エッジワイズ装置の撤去と同時に、スプリングリテーナーの使用を開始します。
取り外しが可能なため、虫歯などの可能性が無く、簡単で利便性が高い反面、装着時間が少なかったり、紛失などが重なると、戻ってしまうこともあります。
取り外し式の装置の中で最も小さいので、紛失しないようご注意ください。
装着期間は、約2年~3年ですが、安定度が悪い場合は、さらに、長期間つけておくこともあります。

ページトップへ

エシックス(インビジブルタイプ、マウスピースなど)

  • エシックス
  • エシックス上下装着時
目的
エシックスは取り外し可能な、透明のマウスピース型保定装置です。その素材、厚みなどが工夫され、各種開発されております。部分的な保定ではなく、全体的な安定が得られます。
使用方法
エッジワイズ装置撤去後すぐは、後戻りしやすいため、食事や歯磨き以外、出来るだけ長時間使用して頂きます。その後、使用時間を徐々に減らしていき、寝ているときのみの使用となります。
ボンデッドワイヤーと呼ばれる保定装置と併用することで、より効果を高める場合もあります。
コメント
エッジワイズ装置の撤去と同時に、エシックスの使用を開始します。取り外しが可能なため、虫歯などの可能性が無く、簡単で利便性が高い反面、装着時間が少なかったり、紛失などが重なると、戻ってしまうこともあります。透明の装置なので、紛失しないようご注意ください。
歯が噛み合う面にも装置が覆っているため、穴が開いて破損しやすいです。そのため、時々作り直しが必要となることがあります。装着期間は、約2年~3年ですが、安定度が悪い場合は、さらに、長期間つけておくこともあります。
また、作成方法を工夫することで、インビザライン的な使用法も可能です。そのため、矯正治療後、期間が経過し後戻りが見られた場合の矯正装置としても使用することもできます。
詳しくは、「見えない矯正治療」の項目を参照

ページトップへ


治療案内の他のコンテンツ