治療案内
Loading

歯を抜かない治療

C.歯を削ってスペースを作る治療

文責:柴口竜也

  • 写真7
  • 写真8

歯の表面はエナメル質でコーティングされています(写真7)。この部分の1/4~1/3程度であれば削っても、虫歯になったりしませんし、しみて痛いといったことが起こりません。そこで、歯と歯の間の部分を各々の歯に対し、少しずつ削って隙間を作ります(写真8)。(A)と(B)の拡大装置による治療は、エッジワイズ治療より前に行うことが多いのですが、(C)の処置は、エッジワイズ治療中、同時に行うことが多いです。

  • 上記(A)~(C)の方法は、全てを必ずおこなうわけではありません。特に(C)が必要な場合には患者さんの了承のもとおこないますので、安易に削ることはありません。
  • 歯を抜かない治療といっても、親知らずを抜く場合もあります。非抜歯矯正は、親知らずを除く28本の永久歯がきれいに並んで、機能的に咬み合うことを目指します。
  • 成長期のお子様であっても、非抜歯による矯正ができない場合があります。
    • 横にも後方にも全く歯列の拡大余地がない
    • 極端な骨格的要因がある
    • 極端な口元の突出感がある
    • 虫歯により、将来的にもたない永久歯である
    • 非抜歯治療の装置使用に非協力的でやむをえない
  • 成人の患者さんの矯正治療、抜歯について
    上記の方針とは一見矛盾するようですが、顎の成長が期待できない成人の方あるいは歯を抜いた方がよりお顔立ちがキレイになる患者さんの場合には、抜歯治療をお勧めする場合もあります。この場合でも、診断時に十分な説明を行い、治療方針を選択していただけるように心がけております。

治療案内の他のコンテンツ