治療案内
Loading

顎関節症について

顎関節症に関連する不正咬合のタイプとは?

文責:柴口竜也,布袋善久

噛み合わせが悪い、不正咬合と言っても、いろんなタイプのものがあります。その中でも、次に挙げる4つのタイプで顎関節症との関連が指摘されています。その上に、審美的な問題も含んでおります。矯正治療前より顎関節症の症状があり、これらのタイプの不正咬合があるのなら、顎関節の状態を的確に把握した上で、リスクを減らせるよう細心の注意を払った矯正治療が必要となります。

①骨格性開咬

開咬とは、口を閉じたときに、奥歯は噛み合っているのに、前歯が全く噛み合っていない不正咬合のことです。開咬では、噛み合う歯が少ないわけですから、噛み合った時に生じる力の全てを歯で受け止めきれません。その分、顎関節にかかる負担が増大することは容易に理解できます。また、開咬の度合いが酷くなると、それにつれて顎関節部にかかる力も増えていくことが証明されていますので、顎関節症リスクも高まってしまいます。

②下顎が著しく後退した上顎前突

上顎前突を大きく分けると、上の前歯が傾斜し飛び出したもの(歯性上顎前突)と、下顎が後退したため相対的に上顎が前突しているもの(骨格性上顎前突)の2つがあります。このうち、下顎が後退した骨格性上顎前突症の場合、顆頭も後方位をとり、関節円板の前方転位が起こりやすく、顎関節症のリスクは高まります。(上顎前突には、上顎自体が前突した骨格性上顎前突も存在しますが、比率的には下顎後退型が圧倒的に多いです。)

③片側性交叉咬合

偏咀嚼(いつも同じ側で食物を噛むこと)や、頬杖のような悪習癖があると、下顎は側方へズレていきます。こうなると顔は正面から見て歪んで見えるようになります。また、噛み合わせの高さが左右で極端に変わってきます。この場合、歯が噛み合わさったときに、左右の噛む力に不均等が生じますし、顎関節にかかる力にもアンバランスが生じます。このような状態では、関節の位置もズレやすく、関節円板の転位も起こりやすくなります。こうして顎関節症のリスクが高まります。

想像して頂きたいのですが、もし、右足に高下駄を履いて、左足に底の薄い靴を履いて日常生活を送ったとしたら、身体にはどんな悪影響が出るでしょうか?そんな人はいるはずはないと思いますが、恐らく、よく歩き回る人の中に、腰痛や膝痛に悩まされる人も出てくるのではないでしょうか。腰痛や膝痛を顎関節症の痛みに置き換えると、理解しやすいと思います

④顆頭後退位と最大咬頭嵌合位との間に4mm以上の差がある咬合

関節円板は、顆頭と関節窩の間にサンドイッチされた状態で存在しますので、もし、顆頭の位置が不安定な場合、関節円板は前方へ転位しやすくなります。歯を接触させずに顆頭を最も後退させた位置(顆頭後退位)と、歯が最もよく噛み合う時の顆頭の位置(最大咬頭嵌合位)との差を計測した場合、この差が4mm以上あると、顎関節症のリスクが高まる可能性があるとの指摘があります。恐らく、この差が大きくなると、顆頭の位置が不安定になり、関節円板の前方転位が起こりやすくなるのでしょう。

以上より、矯正治療前に顆頭の位置を把握しておくことが、顎関節症のリスク判定に役立ちます。

当院では、調節性咬合器と呼ばれる、上顎・下顎・顎関節を再現できる器械を用い、患者さんそれぞれの噛み合わせと顎関節を3次元的に再現しております(左図)。これにより、顆頭の位置を前後、上下、左右の3方向から測定することが可能です。また、噛み合ったときに、下顎変位の量と方向より、下顎位の安定度の評価もしております。


治療案内の他のコンテンツ