症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★10歳 女子 混合歯列 非抜歯

★10歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:99

上顎前突(出っ歯)

叢生(乱ぐい歯)

上顎の前突と前歯のデコボコを主訴に来院された小学校4年生の患者さんです。上顎前突と叢生ともに程度は比較的重度でした。お母様のできるだけ非抜歯でとのご希望もあり、ヘッドギアーを用い、上顎骨の成長抑制と大臼歯の後方への拡大を行いました。その後、非抜歯でエッジワイズ装置に移行しております。上顎の前突感も強かったのですが、上顎が前方に成長する小学生の中学年の時期に治療を開始できたことが非抜歯での矯正治療を行う上で、良かったと考えております。

患者さんからの感想

初めは何年もかかると聞いて、「こんなガタガタの歯が本当に治るのかな・・・?」と不安でいっぱいでした。けれども最後の装置がとれた時、「本当にやっていてよかった!!」と思いました。
口の中に装置をつける時(特に夜寝る時につけるものなど)違和感だらけだったけど、慣れたのでとても早かったです。
きれいな歯になってとても嬉しいです。ありがとうございました!!

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時