症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★10歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

★10歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

ID:56

叢生(乱ぐい歯)

歯のデコボコを主訴に来院された小学校4年生の患者さんです。叢生と下顎前突傾向、及び下顎の左側への偏位を認めたため、前期治療として、上顎の拡大処置から開始しました。その後、成長も安定したため、上下顎小臼歯抜歯ケースとしてでエッジワイズ装置を用いて配列を行っております。前期治療として拡大処置約1年半、その後定期観察を経て、後期約2年半で治療いたしております。

患者さんからの感想

「今まで矯正をやってきて痛くて辛かったときもあったけど、矯正をやる前の自分の歯と今の自分の歯の写真を見比べると、とても綺麗に歯も揃っていて、矯正をやってきて本当に良かったと思った☆」

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時