症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★8歳 女子 混合歯列 非抜歯

★8歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:53

叢生(乱ぐい歯)

前歯部不正(交叉咬合など)

歯のデコボコを主訴に来院された小学校3年生の患者さんです。リンガルアーチを用いて上顎前歯の配列から開始し、バイヘリックスで下顎の側方拡大も行いました、その後、その空隙を利用して、非抜歯でエッジワイズ装置を用いて配列を行っております。拡大処置1年半、その後定期観察を経て、後期約2年半で治療いたしております。

患者さんからの感想

「歯は一生のもの、歯並びは噛み合わせの問題など、頭痛他様々な身体的影響が出ると聞きます。また、何より人とお話する際、歯並びに自信がなければ、うつむき加減になります。本当に重要なものです。乳歯下歯がたてに伸びて出てきた時はショックでした。乳歯の歯並びは永久歯にも影響して下顎が出た様な表情になってしまいました。虫歯もなくせっかくの歯なのに・・・と思っていたところ、近所の歯科医にほてい矯正歯科クリニックを紹介されました。8才からスタートして、器具を嫌がらないかと思いましたが、全く問題なく、それでもたまに装着具合が悪くなると、すぐに対応して頂きました。治療期間は永いようであって、あっという間でした。娘も高校生、今日きれいに並んだ白い歯でニッコリ笑顔のかわいい女子高生になりました。先生方ありがとうございました。」

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時