症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★9歳 女子 混合歯列 非抜歯

★9歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:445

開咬

叢生(乱ぐい歯)

前歯がかみ合わない(開咬)を主訴に来院された小学生の女の子です。前期治療としてタングクリブを装着し、舌の突出癖の改善を図りました。前歯の被蓋獲得後、上顎に急速拡大装置、およびクォードヘリックスを使用し歯の配列スペースを獲得しました。経過観察を経て非抜歯でのエッジワイズ治療(上下セラミックブラケット)に移行いたしました。動的治療後にボンデッドワイヤーとリテーナーを併用した保定に移行しております。

患者さんからの感想

装着した装着はあまり目立たず、話していても人にほとんど気づかれることがなかったため安心して装着することができました。
また、矯正が終わり「きれいな歯ならびだね!」といっていただけることも多く、歯を出して笑うことがさらに嬉しくなりました。
矯正をして本当に良かったです!ありがとうございました。
これからも宜しくお願い致します。

クリニックコメント

治療結果に満足していただけて喜んでおります。当院に矯正治療をおまかせいだだきありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時