症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★7歳 男子 混合歯列 非抜歯

★7歳 男子 混合歯列 非抜歯

ID:433

下顎前突(受け口)

叢生(乱ぐい歯)

臼歯部不正(交叉咬合など)

受け口を主訴に来院された7歳11ヶ月の患者さんです。前歯部反対咬合は機能性の要因もあったため、リンガルアーチとチンキャップを併用し、前歯部のかみ合わせを改善することを優先しました。その後、非抜歯でエッジワイズ装置を用いて配列を行いました。

患者さんからの感想

約10年間という、とても長い期間をかけて私は矯正をしてきました。
今、昔の歯並びを見ると、かなりひどい状態だったんだなと思います。
矯正を始めて装置を付け始めた頃、口の中は違和感があるし、不意に痛いしなれるまでが大変でした。なれたら問題なく生活できました。
ほてい矯正歯科クリニックの先生方にはとても感謝しています。10年間も治療をしていただき本当にありがとうございました!!

クリニックコメント

ご本人の装置への協力もよく、非抜歯で骨格性反対咬合も叢生も治療することができ、プロファイルも改善することができました。協力いただきありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時