症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★11歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上顎小臼歯)

★11歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上顎小臼歯)

ID:419

開咬

叢生(乱ぐい歯)

前歯のデコボコを気にされて来院された11歳の女子です。前期治療として、ヘッドギアーで上顎の拡大とタングクリブで舌の前方への突出の改善を図りました。経過観察後、口元の前突感が気になるとのことで、上顎小臼歯を抜歯いただきデーモンシステムで後期治療を行いました。前期治療と後期治療あわせて4年8ヵ月を要しており、その後ボンデッドワイヤーとリテーナーを用いた保定に移行しております。

患者さんからの感想

最初は口の中に装置があることに違和感を感じ、つけるのに抵抗もありましたが、徐々に歯並びが良くなっていくことを実感できました。食べ物を噛むことができないほどの前歯の隙間も、今ではまったくなくなり、しっかりと噛めるようになりました。前歯をほとんど使ったことがなかったので、使えることはとても嬉しいです。そして写真を撮るときなども、今までは歯並びのせいで歯を見せて笑えませんでしたが、今では自信をもって笑うことができます。
矯正をして本当に良かったと思います。ありがとうございいました。

クリニックコメント

治療結果に満足していただけて喜んでおります。当院に矯正治療をおまかせいだだきありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時