症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★12歳 女子 混合歯列 非抜歯

★12歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:388

上顎前突(出っ歯)

臼歯部不正(交叉咬合など)

下の歯のねじれを気にされて来院された12歳の女子です。リンガルアーチで下顎の奥歯が内側へ倒れているのを改善し、床装置とバイヘリックスで横方向の拡大を行いました。その後、その空隙を利用して、非抜歯でエッジワイズ装置を用いて配列を行いました。拡大処置約2年、後期2年6ヶ月で治療いたしております。

患者さんからの感想

きっかけは、地元のかかりつけの歯科医院に行った時、奥歯の生え方が原因で噛み合わせが悪く、それが元で前歯が押し出され、出っ歯になっていると教えられました。歯列矯正するというよりは、噛み合わせを正しくして、将来、顎関節症になるリスクを避けるために始めました。
歯を抜いたりするのでは・・・と抵抗感がありましたが、先生から丁寧な説明を受け、治療を始めることに決めました。
結局、歯を抜くことはありませんでしたが、娘本人と親の私に、確認をしながら進めてもらいましたので、納得のいく治療でした。
娘の歯並びを見て、矯正をした事は良かったと思っています。

クリニックコメント

丁寧なコメントありがとうございます。治療結果に満足していただけて喜んでおります。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時