症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★14歳 女性 永久歯列 外科矯正 (抜歯部位:上顎小臼歯)

★14歳 女性 永久歯列 外科矯正 (抜歯部位:上顎小臼歯)

ID:342

下顎前突(受け口)

叢生(乱ぐい歯)

開咬

臼歯部不正(交叉咬合など)

受け口を気にされて来院された女性です。骨格性の重度な受け口であり、下顎が左へずれていたため下顎骨の外科矯正手術を併用してかみ合わせを改善しました。また、上顎は叢生の程度が大きく、上の前歯歯軸が外向きに傾いておりましたので上顎小臼歯を抜歯させていただきました。反対咬合はもちろんですが、良好なプロファイル(側貌)を得ることができました。2年11ヶ月の動的治療を行い、ボンデッドワイヤーとリテーナーを併用した保定に移行いたしております。

患者さんからの感想

最初の頃はやわらかい食べ物すら噛むことが大変でした。自分では毎日鏡でチェックしていたので歯並びがきれいになってきている感じはわかりませんでしたが、定期的に取った模型等をみて実感しました。終わってからは苦手だった写真も撮れるようになりました。先生方には本当に丁寧に毎回治療していただき感謝しています。本当にありがとうございました。

クリニックコメント

手術を併用する外科的矯正治療は手術後にかめる状態になるので、手術前はかみにくくご苦労があったと思います。当院に治療をおまかせいただきありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時