症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★8歳 女子 混合歯列 非抜歯

★8歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:317

叢生(乱ぐい歯)

口唇口蓋裂

先天性口蓋裂の8歳の女子で関連病院からの紹介で来院されました。上顎歯列の狭窄を認め、左側交叉咬合の状態でした。上顎にQH(クォードヘリックス)、下顎にバイヘリックスを用いて横方向の拡大を行い叢生の改善を行いました。第二大臼歯の萌出後、エッジワイズ装置に移行して非抜歯での治療を行っております。

患者さんからの感想

装置の装着による痛みは、思っていたよりも軽く、それほど負担ではなかったです。通院が面倒な時もありましたが、結果、とてもきれいに矯正できたので良かったです。院内はとても明るくきれいで、先生方はじめ、受付の方も感じのいい方ばかりなので、気持ちの負担は少なく、通いやすいかと思います。

クリニックコメント

出生時から、いろいろご苦労があったと思います。関連病院からの治療を含めると長期にわたる矯正治療お疲れさまでした。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時