症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★7歳 男子 混合歯列 非抜歯

★7歳 男子 混合歯列 非抜歯

ID:315

上顎前突(出っ歯)

初診時年令7歳の男子で、出っ歯を主訴として来院されました。先ずは前期治療(Ⅰ期治療)として、サービカルヘッドギアーにて大臼歯の遠心移動を行いました。ヘッドギアーがよく効いたため、上顎前歯部のスペースが大きくなりました。そこでセクショナルアーチを装着し、上顎前歯部のみ配列しました。
その後、13才時より非抜歯で後期治療(Ⅱ期治療)を行いました。デーモンシステム使用して、上顎前歯部を後退させながら歯を並べました。
横顔の変化に注目して下さい。歯の後退により、口元もキレイになりました。

患者さんからの感想

矯正する前とした後を見比べてみると、歯並びが良くなっていたのが分かり、うれしかった。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時