症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★7歳 女子 混合歯列 非抜歯

★7歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:300

臼歯部不正(交叉咬合など)

叢生(乱ぐい歯)

初診時7歳の女子で、右下第一大臼歯(前から数えて6番目の歯)の前方傾斜を気にして来院されました。前期治療として、リンガルアーチとセクショナルアーチで傾斜していた大臼歯を起こし、その後、永久歯列時に乱ぐい状態が予想されるため、クォードヘリックスとバイヘリックスを使用して上下歯列を側方拡大しました。また永久歯列時に、今度は右下第二大臼歯(前から数えて7番目の歯)も前方へ傾斜して生えてきたため、今度はデーモンシステムで、傾斜していた歯を起こしながら、全ての歯を真っ直ぐに並べました。

患者さんからの感想

右下の六歳臼歯が激しく前に傾いて生えて来、小一の頃からこちらのクリニックにお世話になりました。歯茎からほんの少ししか出ていなかった歯に装置をつけてくださり、傾いた歯をうまく起こしてもらい安心したところ、次の奥歯もまた傾いて生えて来ました。びっくりしましたが、その歯も見事に起こしてくださり、今では美しい歯並びで本人も喜んでいます。
小一から中三までとても長くお世話になりましたが、先生もスタッフの方々も毎回優しくていねいに説明、指導してくださり、おかげ様で途中でくじけず矯正を続けることができました。感謝しております。本当にありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時

お問合せ・ご予約はお気軽に072-237-3739
初診予約はこちら