症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★11歳 女子 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

★11歳 女子 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

ID:299

叢生(乱ぐい歯)

前歯部不正(交叉咬合など)

初診時11歳の女子で、八重歯と乱ぐいを主訴として来院されました。治療としましては、まずGMDという装置で、上顎の大臼歯を後方へ動かし、上下大臼歯の前後的ズレを改善しました。その後、前から数えて4番目の歯である上下左右の第一小臼歯、計4本を抜歯し、デーモンシステムにて歯を真っ直ぐに並べました。

患者さんからの感想

矯正前は「矯正は痛いものだ」という先入観などもあり、正直やりたくなかったです。でも実際、私は歯医者に行った後2、3日痛いときもありましたが、ほとんど痛くないときもありました。
小学生の頃から始めたので、高校生では前につける針金がとれてよかったです。
驚くほど歯並びが良くなったので、初めは気が進まなかったけど、やらせてもらえて本当に良かったと思っています。歯に自信が持てると人生が変わります。高い治療費を出してくれた両親、そして先生方にとても感謝しています。本当にありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療終了時