症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★48歳 女性 永久歯列 非抜歯

★48歳 女性 永久歯列 非抜歯

ID:271

下顎前突(受け口)

叢生(乱ぐい歯)

欠損歯

初診時年令48歳の女性で、受け口と乱ぐいを主訴として来院されました。下顎右側臼歯部には歯の喪失に伴う大きな空隙がありました。一本でも多くの歯を残したいのに、矯正で歯を抜くことは避けたいことでした。そこで、下顎右側の頬棚に矯正用アンカースクリューを植立し、これを土台とすることで、歯を抜くことなく矯正しました。使用装置はデーモンシステムで、治療期間は1年10ヶ月でした。その後、補綴処置を行い現在の歯並びになりました。

患者さんからの感想

歯並びが悪いと年令を重ねるたび歯のトラブルも増えて、自分の歯がどんどん無くなる怖さに矯正を決意しました。
装置を着ける前にきちんと説明してもらっていたので、思っていたより痛みも少なく、初めの頃に多少違和感を感じたけれど、抜歯もせずにきれいに並んでくれたので、ふり返ればあっという間に終わったと言う感じです。
こんなに早くきれいになるなら、忙しくて時間が作れないと思わずにもっと早くしておけば良かった。
今、歯みがきもやりやすいし、歯がきれいに並んだ事で虫歯もなくなりとても嬉しいです。
改めて写真を見ると、あんなにひどかったのが、ここまで治ることに驚きます。最近は合う人に歯が綺麗ですねと誉めていただく事がよくあり、治していただいてほんとうに良かったです。ありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時