症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★13歳 男性 永久歯列 非抜歯

★13歳 男性 永久歯列 非抜歯

ID:264

上顎前突(出っ歯)

過蓋咬合(深いかみ合わせ)

初診時年齢13歳9ヶ月の男子でした。出っ歯であることと、学校健診で将来歯周病になると言われたことを主訴として来院されました。治療としましては、先ずは拡大床を4ヶ月使用して、上顎歯列の側方拡大を行いました。その後、非抜歯の上、デーモンシステムで上顎前歯を後退させ、全歯の配列を行いました。全治療期間は、2年1ヶ月でした。

患者さんからの感想

学校の歯科検診で、このままでは将来歯周病になると言われ、治療を決意しました。治療前は矯正をしている友人から豆腐を食べるのも痛いと聞き、かなり不安でした。しかし実際は通院後の2,3日は痛みを感じるものの、耐えられない程ではありませんでした。また歯磨きがしにくい、矯正器具に食べ物が詰まる等の些細な煩わしさはありましたが、どれも生活に支障をきたすようなことはありませんでした。治療後は親戚からも歯並びがきれいになったと言われ、そして何より歯周病になる可能性も大きく減ったと思うので本当に良かったと思います。

症例画像

初診時

動的治療終了時