症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★8歳 女子 混合歯列 非抜歯

★8歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:249

前歯部不正(交叉咬合など)

叢生(乱ぐい歯)

 上顎の歯のデコボコを気にして来院された小学校3年生の女子です。上顎前歯の不正があり、その他には下顎両側犬歯の萌出スペースが全くない状態でした。前期治療はリンガルアーチによる被蓋改善より開始しその後上顎大臼歯の遠心移動を行いました。その後、永久歯列への交換を待ってデーモンシステムで非抜歯の配列を行っております。前期治療に3年、後期治療に1年10ヶ月を要し、現在保定中です。

患者さんからの感想

最初、6年計画と聞いた時は気が遠くなりましたが、今となっては、あっという間だったような気がします。今では口を大きく開けて笑えるようにもなりました(^o^)/
矯正を始め、装置がつき始めてからは、歯磨きを丁寧にするようになり、虫歯ができなくなりました☆
高いお金を出してもらったり、送ってもらったり・・・お父さん、お母さんには感謝しています。
先生今まで本当にありがとうございました。

クリニックコメント

 コメントありがとございます。実際は、6年ではなかったと思うのですが、長期に及ぶ治療に協力いただきありがとうございました。ただ、下顎犬歯部は両側合わせて2歯分の空隙が不足しておりましたが、前期治療として拡大等を行うことで非抜歯での配列ができました。良い治療結果出会ったと自負しております。当院で矯正治療を受けていただき本当にありがとうございます。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時

お問合せ・ご予約はお気軽に072-237-3739
初診予約はこちら