症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★7歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上顎小臼歯)

★7歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上顎小臼歯)

ID:235

上顎前突(出っ歯)

叢生(乱ぐい歯)

欠損歯

 上顎の前突感と歯列に空隙の少ないことを気にされて来院した小学校3年生の女子です。下顎前歯に一本先天性の欠損がありましたが、それでも下顎左側犬歯、上顎両側犬歯に萌出空隙がほとんどない状態で、重度の叢生が予想されました。前期治療上顎大臼歯の遠心移動のためヘッドギアーを用い、また上下顎の拡大も同時に行いました。その後永久歯への交換を待って、デーモンシステムをもちいたエッジワイズ治療に移行しております。ただし上顎については、非抜歯では歯の配列までは可能でしたが前突感が残ると判断し上顎両側小臼歯抜歯をお願いしております。エッジワイズ装置撤去後はボンデッドワイヤーとリテーナーでの保定へ移行いたしました。前期治療に3年、エッジワイズ治療に2年のケースとなりました。

患者さんからの感想

装置が痛くて、なかなか寝付けない事もありましたが、矯正が終わって綺麗になった歯並びwp見た時は今まで頑張ってきて本当に良かったと思いました。
先生方のサポートもしっかり対応していただけたので、安心して治療できました。ありがとうございました。

クリニックコメント

 ヘッドギアーの装着など邪魔くさいこともあったと思いますが、協力いただきありがとうございます。
良い治療結果になったと思っております。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時