症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★12歳 女子 永久歯列 非抜歯

★12歳 女子 永久歯列 非抜歯

ID:229

上顎前突(出っ歯)

叢生(乱ぐい歯)

 上顎前突の患者さんでした。通常なら抜歯ケースだと思われますが、絶対に歯を抜きたくないという強い希望をお持ちでした。そのため、GMDという装置で、奥歯を後方へ動かしてから、非抜歯にてデーモンシステムによる治療を行いました。また、顎関節症で開口障害の既往があり、慎重に治療を行いました。その結果、上顎前突が改善し、顎関節症も経過良好です。治療期間は2年3ヶ月でした。

患者さんからの感想

 動的矯正治療が終了し、まずはお礼を申し上げたいと思います。
 おかげさまで困っていた顎の痛み、気になっていた出っ歯、噛み合わせ、歯並びがすべて治療前と比べて格段に良くなりました。想像以上に綺麗に治療して頂き、本当に感謝しております。有り難うございました。見た目よりもどちらかというと顎が痛んでいた事に困って、矯正を始めましたが、両方が改善されたことが大変有り難かったです。
 最初は家の近所の他歯科に行きました。そこで矯正の為には歯を抜く事が前提と言われたのです。健康な子供の歯を抜く事に大変な抵抗があったので、抜かずに治療をして頂ける歯科を探し、貴医院にたどり着きました。顎の痛みが何故起こるのか、検査の結果次第で抜かずに治療が出来る事など、治療方針に対する先生の説明がとてもわかりやすく、信頼出来るものでした。そして、矯正治療には本人の努力も大変大切であるという事も理解出来ました。「早く治したい!」
そしてそのために素晴らしい治療をして頂くのですから、とにかく先生から言われた、毎日すべき事を完璧にやり遂げよう と子供と約束しました。矯正治療はやはり高額です。そのことを子供にも理解させて、毎日すべき事を頑張りました。そして、矯正装置が上下共外れた日は親子で感激しました。治療中はしんどかっただけに、今は笑顔満開です。これからは保定を頑張りたいと思っております。
 本当に有り難うございました(お母様より)。

クリニックコメント

 GMDの反作用により、一時的に上顎前突が酷くなりましたが、治療に対して熱心にご協力頂き、その後は大きなトラブルもなく治療を終了することができました。誠に、有り難うございます。
 今後は、後戻りしないよう、今までと変わらぬご協力をお願いしたいと思います。

症例画像

初診時

動的治療終了時