症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★9歳 女子 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

★9歳 女子 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

ID:211

開咬

叢生(乱ぐい歯)

上下顎前突(口元の突出)

最初の来院は小学校4年生時で、この時は、一般的な抜歯非抜歯などについてご説明いたしましたが、治療開始には至りませんでした。再来院は高校1年時となり、永久歯交換後で叢生の程度も重度であったため、抜歯ケースとしてセラミックブラケットを用いエッジワイズ治療を行いました。期間は2年10ヶ月となりました。

患者さんからの感想

私の場合、カウンセリングで「抜歯が必要」と最初にいわれたので、正直不安が大きかったです。「4本も抜いて大丈夫なのか?」「きちんとキレイになるのか?」など。しかし、きちんと毎月毎月変わっていくのが分かったので、すぐに不安はなくなりました。途中「抜いた歯の横の歯がちれるのではないか?」歯が動いているだけなのに「グラグラしていて、抜けるのでは?」というような不安が出てきてもスタッフや院長が丁寧に親切に対応して下さり、本当に助かりました。初めは「あごが悪いから少しでも良くなるかも?」と思って始めた矯正は、歯がきれいになって自信を持って笑顔になることができ、毎日笑っていたい気持ちで一杯です。ありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療終了時