症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★10歳 女子 混合歯列 非抜歯

★10歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:207

臼歯部不正(交叉咬合など)

叢生(乱ぐい歯)

空隙歯列(隙っ歯)

下顎の偏位と上顎右側小臼歯の萌出空隙が無いことを主訴に来院された小学校5年生の患者さんです。上顎第二大臼歯萌出前でしたので、リンガルアーチとセクショナルアーチを用いて第一大臼歯の遠心移動から開始しました。その後、非抜歯でデーモンブラケットを用いたエッジワイズ装置に移行しております。ほぼ一歯分の空隙不足でしたが、第二大臼歯萌出前に治療を開始できたことが非抜歯での矯正治療を行う上で、良かったと考えております。

患者さんからの感想

治療中は装着していた装置が痛いなど、つらい事もありましたが、先生のおかげで予想していた以上にきれいな歯並びに矯正できました。あきらめずに治療を続けて、本当に良かったと思いました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時

お問合せ・ご予約はお気軽に072-237-3739
初診予約はこちら