症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★7歳 男子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

★7歳 男子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

ID:165

下顎前突(受け口)

叢生(乱ぐい歯)

受け口主訴に来院された小学校2年生の患者さんです。受け口は骨格性の要因もあるものでしたが、リンガルアーチとチンキャップを併用し、前歯部のかみ合わせを改善しました。成長期の間は、受け口の再発が懸念されるため観察を続けた後、上下小臼歯抜歯ケースとしてクリアスナップを用いて配列を行いました。受け口の治療に約2年、その後、定期観察を経て、エッジワイズ治療 に約2年半を要しております

患者さんからの感想

「わぁ~きれい!韓流スターみたい(歯のみ・・・笑)」と感動!
「長い間、よく頑張ったね!」と、家族みんなが happy smile(^^)v

小2~高2まで約9年通院させて頂きました。治療中は辛い時期もありました。
例えば・・・ワイヤーを絞めた後の2~3日の痛みや永久歯4本抜歯、口内炎との戦い等・・・。
でも、本人は一度も治療を止めたいと言った事はありませんでした。
それは、やはり院長先生、スタッフの皆さんのおかげでもありクリニックの雰囲気も良かったからだと思います。
院長先生はとても親しみやすく(失礼ですが・・・)相談にも気軽に応じて下さり、やさしい先生です。
治療についても、パソコンなどを使い、わかりやすく丁寧に説明して下さいます。

スタッフの皆さんもいつも笑顔で親切な対応で、お釣りなどもいつも新札で細かい所まで気遣いのあるクリニックです。
最後になりましたが・・・院長先生、スタッフの皆さんに感謝申し上げます。
長い間、お世話になり有難うございました。

クリニックコメント

初診時反対咬合であったため、低年齢よりの治療開始となりました。受け口の場合は、成長期でのフォローも必要となるため長期に及ぶ治療でしたが、根気よく通院いただき本当にありがとうございました。
 そうそう、韓流に限らず、「芸能人は歯が命」でしょうか(笑)。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時