症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★20歳 男性 永久歯列 非抜歯

★20歳 男性 永久歯列 非抜歯

ID:162

叢生(乱ぐい歯)

臼歯部不正(交叉咬合など)

上下顎の歯のデコボコを主訴に来院された大学生の男性の患者さんです。上顎の大臼歯が内側に転位していたため、上顎の大臼歯の拡大を行い、、非抜歯で矯正治療行っております。装置は裏側からの治療を希望されたため、リンガルエッジワイズ(STB)装置を用い配列を行いました。拡大も必要であったため、期間は約3年となりました。

患者さんからの感想

長い間お世話になりました。 装置を付けたばかりの時は違和感があり、装置と歯の間に食べ物がつまったりと、とても不便でした。口内炎なども痛かったですが、徐々に歯がキレイに並んでいく過程はとても喜びでした。
時間はかかりましたが、歯もキレイに並び、本当に治療をして良かったと思います。先生、スタッフの皆さん本当にありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療終了時