症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★7歳 男子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

★7歳 男子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

ID:161

下顎前突(受け口)

開咬

受け口主訴に来院された小学校2年生の患者さんです。受け口は骨格性のものでしたが、リンガルアーチとチンキャップを併用し、前歯部のかみ合わせを改善しました。その後も成長期の間は、受け口の再発が懸念されるため、観察を続け、成長の安定を待ってエッジワイズ治療に移行しております。移行時に、父兄の方と相談し、「口元の突出」も気になるとのことで、上下小臼歯抜歯ケースとして治療いたしました。反対咬合はもちろんですが、プロファイル(側貌)もあわせて改善することができました。

患者さんからの感想

今、思い返せばとても短かったように感じます。最初は何が何だかわからない状態から始まりました。
正直、口の中の装置がとても嫌で、歯の裏側ならあまり気にしませんでしたが、表側の方の装置は特に気になり、すごく嫌でした。
しかし、治療が終了した今、よく“歯並びが綺麗”と言われるので、頑張って来て良かったなと思います。
歯は一生のものなので、これからも自分の歯を大事にしていきたいと思います。ほてい矯正歯科クリニックの皆様、本当にありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時