症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★10歳 女子 混合歯列 非抜歯

★10歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:154

上顎前突(出っ歯)

叢生(乱ぐい歯)

上顎の前突感と前歯のデコボコを主訴に来院された小学校6年生の患者さんです。上顎前突と叢生の解消のため、ヘッドギアーを用い、大臼歯の後方への拡大を行いました。エッジワイズ装置移行時に、抜歯治療についてもご相談いたしましたが、そこまでは希望されず、非抜歯での配列といたしました。拡大処置1年、エッジワイズ治療2年で治療いたしております。

患者さんからの感想

小学校の低学年の頃などは、あまり歯を気にしたことがありませんでした。しかし高学年になるにつれて、歯並びが気になり始めました。
矯正をしたいという気持ちはありましたが、あの銀色の針金のようなもので歯をしめつけてしまうのかと、なかなか勇気がでませんでした。ですが、両親などの後押しで決意をしました。案外、つけているときは、矯正のことを忘れているくらい、歯になじでいました(笑)。ですから、2年間、矯正をつけている期間は、あっという間でした。
今となっては、本当にしてみて良かったと思っています。何より笑顔 (^_^) が、とてもしやすくなったというか、歯のことを気にせず笑える気がします。自分の気にしていた一部が消えて、とてもうれしいです。
最近、歯並びに不満をもっている人たちはよくいると思います。友達にもそういう子は少なくないです。なので、他の人たちにも、はやく勇気を持ち行動して欲しいと願っております。これからも、多くの人を救って下さい。応援しています!

クリニックコメント

非抜歯のため、少し、オーバージェットの残る治療結果となりましたが、喜んでいただけてうれしく思っております。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時