症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★8歳 女子 混合歯列 非抜歯

★8歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:138

叢生(乱ぐい歯)

歯の生える隙間が無いことを気にされて来院した小学校3年生の女子です。上顎は拡大床を用いて、下顎はバイヘリックスを用いた拡大処置を行いました。その後、デーモンシステムを用いたエッジワイズ治療で最終的な歯の配列を行っております。非抜歯での治療でしたが、profileが悪化することも無く、良好な結果を得ることができました。

患者さんからの感想

最初に矯正装置をつけた時は、やっぱり違和感がありましたが、ずっとつけていると、だんだんなれてきて、装置自体はそれほど苦ではありませんでした。歯の前面につける装置は目立たないか心配でしたが、歯と同じ色をしたものがあったので気になりませんでした。
長い期間でしたが治療を終えて自信を持って笑えるようになりました。治療をさせてくれた両親、そしてお世話になった先生方、本当にありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時