症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★7歳 女子 混合歯列 非抜歯

★7歳 女子 混合歯列 非抜歯

ID:134

叢生(乱ぐい歯)

歯のデコボコを主訴に来院された小学校2年生の女子です。2年生でしたが、上下顎4前歯の萌出が終了しており、歯の大きさに対してあごの大きさが小さいことが明らかでしたので、拡大処置より開始いたしました。上顎には拡大床を用いております。その後、エッジワイズ装置(デーモンシステム)よる後期治療に移行いたしました。

患者さんからの感想

治療が長くて、クラブとかで歯医者に行く時間がなくてしんどかったし、装置をつけてるときは、写真のときにあんまり歯を見せて笑ったりできなくていやだったけど、今はきれいになってすごくうれしいです。
ちゃんと歯みがきがんばってずっときれいでいれるように、がんばります。ありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時