症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★21歳 女性 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

★21歳 女性 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上下顎小臼歯)

ID:116

開咬

叢生(乱ぐい歯)

上顎前突(出っ歯)

上下の歯のデコボコと口元の出っ張りを気にされて来院された成人の患者さんです。上下顎の叢生、開咬、上下顎前突が複合した不正咬合のため、上下の小臼歯をばっしさせていただき、エッジワイズ装置としてデーモンシステムを使った矯正治療を行っております。治療期間は2年弱となり、その後はボンデッドワイヤーとリテーナーを併用し保定に移行しております。

患者さんからの感想

「歯並びをキレイにしたい」というだけの思いで始めた矯正でしたが、それまでのプロセスは地道でした・・・。私は二年間装置をつけていましたが、もう着けたくありません(笑)
装置に関して、定番の銀色のものから目立ちにくい白色、又、あえてカラフルなものまであり、ファッションの一部かの様に楽しめたり、各々の価値観で選ぶことができることには、おどろきました。
装置に関して、特に毎回の通院後(装置?ワイヤー?を取り替えた時等)は、痛みを伴い、2~3日は、歯を動かすことの大変さを痛感する日々でした。何か問題があった時などは、電話1本すれば迅速に対応して頂け、心強かったのを覚えています。装置に慣れてくると、愛着さえわいてきました。
しかし、二年間の治療を終えた時、装置をはずした瞬間は、嬉しい限りでした。好きになれなかった治療前の自分の出っ歯の横顔や笑顔に自信が持てる様になりました。そして、より一層歯について関心を持てる様になりました。 通院中、いつも丁寧に接して下さったスタッフの方々、世間話をして下さった受付の方ともうお会いできないのはさみしい気もします。色々とお世話になりました。有難うございました。

症例画像

初診時

動的治療終了時