症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★12歳 男子 混合歯列 非抜歯

★12歳 男子 混合歯列 非抜歯

ID:256

叢生(乱ぐい歯)

前歯部不正(交叉咬合など)

初診時年齢12歳の男子で、前歯部の乱ぐいと歯のねじれを主訴として来院されました。前期(Ⅰ期)治療では、上顎にクォードヘリックス、下顎にバイヘリックスを使用し、上下歯列の側方拡大を行いました。後期(Ⅱ期)治療では、クリアスナップシステムを使用して歯の配列を仕上げました。

患者さんからの感想

矯正前は僕の歯はガタガタで、特に上の前歯に関してはどの歯も斜めに生えてしまっていて周りの友達と比べてもとりわけ僕の歯並びは悪かったです。しかし矯正を続けることによって徐々に歯並びが良くなっていき、今では完璧と思えるぐらいきれいな歯並びになりました。もう昔歯並びが悪かったなんて自分でも考えられないほどです。また装置についても、慣れてしまえば何の違和感も感じなかったですし、日々の生活に支障が出るなんてことも全くありませんでした。矯正をして本当に良かったと思います。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時