症例紹介

トップページ > 症例紹介 > ★16歳 女性 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上顎その他)

★16歳 女性 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上顎その他)

ID:193

叢生(乱ぐい歯)

前歯部不正(交叉咬合など)

前歯部に交叉咬合と下顎前歯部に叢生がありました。上顎左側側切歯は、カリエスにより抜歯したそうです。治療としましては、矮小歯であった上顎右側側切歯を抜歯し、上顎左側側切歯の人工歯も除去して、デーモンシステムにより歯の配列を行いました。

患者さんからの感想

小さいころから歯並びが悪かったのですが、実はそのときは装置の見た目や痛いという矯正中の友達を見てやりたくないなぁと思っていました。
でも小学校高学年~中学生のになると歯の見た目の悪さと周りの目が気になるようになり、食後に歯に食べ物が詰まったりすることや、歯を見せて笑うことが嫌でした。
矯正したいと思っていましたが費用のことでなかなか踏み切れず、悩んでいたことを両親にうちあけたことから高校生からほていさんに通うようになりました。
装置に慣れるまでの期間とワイヤーを調節した直後の期間、そして抜歯はかなり痛かったですが、きれいになるためだと思うと頑張れました。
目立つ装置が取れてほどなくアメリカに留学したのですが、アメリカでは歯にとってもうるさい国。綺麗な歯並びで本当に良かったです。
装置をつけていたのは約2年ほど?だったかと思うんですが、あっという間でした。
小さいころに矯正しているコは生え変わりの関係もありすごく長期間つけている印象があったので、こんなに短期間でキレイになりよかったなと思いました。
その留学や、その後も海外で仕事をしていることもあり保定期間なかなか来院ができていないのが心配ですが、
この写真を見て改めて、お金をかけてこんなにきれいになったんだからちゃんとメンテナンスしなくては!と思いました。
本当にありがとうございました。

症例画像

初診時

動的治療終了時