治療案内
Loading

矯正装置トピックス

裏側からの矯正治療 クリッピーLとSTBリンガル

文責:柴口竜也

クリッピーLとSTBリンガルは
快適性とスピードを追求した最新の裏側矯正装置です

歯並びを治す目的として、見た目を良くしたいということを一番に考えられている患者さんにとって、表側から見えてしまう矯正装置はどうもイメージが悪く、抵抗があるといった方は大勢いらっしゃると思います。また、人に分からないように治したいという希望もあるでしょう。そのような患者さんにとって裏側からの矯正は最善の選択になります。

裏側矯正治療とは、歯の裏側に、ブラケットと言われる金属装置を接着し、そのブラケットにワイヤーを通して歯を動かす治療方法です。一般的には、裏側矯正と呼ばれますが、矯正歯科ではリンガル矯正と言っています。

リンガル装置にも色々な製品がありますが、その中でも、快適性で優れる、TOMY INTERNATIONAL社のクリッピーLとOrmco社のSTBリンガルを当院では採用しています。ともに、最新式のリンガル矯正装置です。

従来品とSTBリンガルとの比較 クリッピーLとSTBリンガルとの比較

見えないからこそ、快適性こそが肝心要

上の写真をご覧下さい。左側が従来のリンガル装置とSTBリンガルとの比較、右側がクリッピーLとSTBリンガルとの比較。従来品の大きさと比べて、クリッピーLとSTBリンガルは、随分と小さくなったのが一目瞭然だと思います。また、写真では分かりにくいのですが、厚みにおいても、両製品は従来品より薄くなっています。クリッピーLとSTBリンガルとの比較においては、大きさ・厚みともに違いはほとんどありません。

従来のリンガル装置では違和感が大きく話しづらいといった欠点があり、慣れるのに時間がかかりました。しかし、クリッピーLとSTBリンガルでは大きさが小さくなったため、これらの欠点は改良されつつあります。

歯の動きも速くなり、痛みも少なくなりました

リンガル装置は表側からの装置(エッジワイズ装置)と比べて歯の動きが少し遅いため、治療期間も余分にかかりました。しかし、クリッピーLとSTBリンガルは、細いワイヤーが装着されている場合、摩擦力がほとんどかからないように改良されています。摩擦力がかからないと言うことは、弱い力でも歯が良く動くということを意味していますし、痛みが少ないということも意味しています。そのため、治療期間の点でも改善されつつあります。

インプラントアンカーとの併用がお勧めです

従来の矯正では、前歯を後退させる時に、トランスパラタルアーチやホールディングアーチという大臼歯固定装置を用いて、大臼歯が不用意に前方へ動いてしまうのを防止していました。しかし、これらの装置は大きく、違和感が強いのです。せっかく、クリッピーLとSTBリンガルが小さくなって快適性が増しているのに、とても残念なことです。最近では、インプラントアンカー※と呼ばれるネジ釘のようなものを上顎の歯肉・歯槽骨に埋め込んで、固定装置として利用することが多くなりました。この場合、トランスパラタルアーチなどの装置は不要になり、とても快適になりました。

トランスパラタルアーチは左右を横切っているため、舌の動きを妨げ、違和感が大きい。
それに比べて、インプラントアンカーでは舌が自由に動けるので違和感が少ない。
  • ネットや書籍で、“ミニスクリュー”、“ミニインプラント”、“Temporary Anchorage Device(TAD)”という言葉が見受けられますが、これらは全て、インプラントアンカーと同じものを指しています。

治療案内の他のコンテンツ