治療案内
Loading

歯を抜かない治療

骨格性の不正咬合について

文責:柴口竜也

歯を抜かない(非抜歯)矯正治療について述べてきましたが、それらの矯正治療が成功するためには、一般的には骨格的な不正があまりない場合に有効になります。

しかし、骨格的な不正があっても、成長期(6歳~12歳くらい)の患者さんの場合には、顎の成長発育をコントロールすることを先だって行っておけば、多くのケースで非抜歯治療が可能になります。

エッジワイズ治療(後期治療)に先立って行う顎の成長発育をコントロールする治療を、当院では前期治療と呼んでいます。骨格的な不正咬合には、上下顎の前後的関係から(A)上顎前突・(B)下顎前突、上下的関係から(C)開咬・(D)過蓋咬合、左右的関係から(E)交叉咬合の5タイプ(写真9および10)があります(組み合わさったケースもあります)。それぞれの前期治療について、詳しく説明いたします。

(写真9)前後的および上下的な不正咬合
(写真10)左右的な不正咬合(交叉咬合)

治療案内の他のコンテンツ