治療案内
Loading

矯正治療の流れ

1.初診相談

初診相談の際に、ご質問にお答えするとともに治療方法や費用について概略をお話いたします。ご説明したお写真と治療予定書をお渡しいたしますので、内容をよくご検討下さい。

2.精密検査

噛み合わせや骨格のズレ、骨の中の様子を徹底的に調べ、分析を行います。

写真 口の中の写真 現在の口の中の状態を記録しておきます
顔の写真 正面、笑顔、横顔を撮ります
歯の型   噛み合わせの状態を立体的に残し、関節のズレも測定いたします
レントゲン撮影 パノラマ まだ生えていない歯や親知らずの有無など、色々なことが分かります
頭部 骨格と歯を標準と重ね合わせて正しい噛み合わせの状態と比較します
あご関節 あご関節に異常がないか、確認します

ページトップへ

3.診断

精密検査の内容をふまえて、不正咬合の状態、治療方法、治療期間、について詳しくご説明いたします。また、お口の写真と分析結果、治療計画書をお渡しいたしますので、矯正治療を開始するかどうかご検討下さい。

  • 噛合せを精密に再現
  • 骨格の分析
  • 口腔内写真

ページトップへ

4.矯正治療開始

診断計画に沿って矯正治療を行って参ります。装置の選択につきましては、患者さん本人、ご両親様と相談し、できるだけご要望に添うようにいたします。期間は2~3年間、1~2ヶ月に一度の来院となります。

ページトップへ

5.保定;アフターケアー

通常、矯正装置がはずれた後に、歯並びの安定を計るために保定期間を設けております。
約2年間、年に2~3回程度の来院となります。

ページトップへ

6.終了


治療案内の他のコンテンツ