治療案内
Loading

子供の矯正治療

重度叢生の治療
(永久歯交換後の治療開始が適当なケース)

文責:布袋善久,布袋裕美

また、歯のデコボコが重度で非抜歯での治療は不可能と判断した場合も、永久歯交換後の治療開始で良いと思います。
歯のデコボコが重度(片顎の空隙の不足量が10mmを超える)な場合、拡大量が過大になり、お子さんが痛みを感じるなど、十分に拡大できない場合が出てきます。そのため、重度の場合は、早く始めたからといって、非抜歯でとは言い切れない場合があります。
そのように重度な場合で、骨格性不正咬合と合併しない場合は、永久歯交換後に抜歯ケースとして矯正治療を受けていただく選択肢もあろうかと思います。

重度叢生の治療例

中学2年生で来院されて患者さんですが、叢生(歯のデコボコ)の程度が重度なため、上下顎小臼歯を抜歯し、エッジワイズ装置で矯正治療を行いました。これくらい重度な場合は、混合歯列期に治療を開始しても、非抜歯での治療は難しいであろうと思います。

  • 初診時
  • 動的治療終了時

治療案内の他のコンテンツ