治療案内
Loading

子供の矯正治療

側方の交叉咬合の治療
(放置することにより悪化するケース)

文責:布袋善久,布袋裕美

側方の交叉咬合は、反対咬合を伴うことが多く、左右どちらか(あるいは両側)で、奥歯でかみ合わせが反対となっているかみ合わせです。この不正咬合を放置すると、下顎前突と同様に全身成長期に下顎が横方向に歪んで成長するなど顔面の非対称を生じさせる可能性があります。そのため、第二次成長期までにお治療を終えておくことが重要です。様子を見たからといって、自然に治りえないため、小学校低学年であっても、治療の開始が望ましい不正咬合です。
また、反対咬合と合併しているケースも多く、その治療も必要となる場合があります。

側方交叉咬合の治療例

ほぼ永久歯に交換した状態で、小学校5年生来院されました。比較的遅い、治療開始となりましたが、クォードヘリックスによる上顎の側方拡大より開始しました。左側臼歯部のかみ合わせの改善後にエッジワイズ治療を行い、非抜歯で治療を終えております。

  • 初診時
  • 治療途中
  • 動的治療終了時

治療案内の他のコンテンツ