治療案内
Loading

子供の矯正治療

下顎前突(受け口)の治療
(放置することにより悪化するケース)

文責:布袋善久,布袋裕美

受け口ですが、機能性反対咬合(たまたは、前歯の生える角度が悪く受け口になってしまった)と骨格生反対咬合(生まれつき、下あごの骨が大きく、骨格のアンバランスから受け口になってしまった)の二つに分類されます。機能性反対咬合であれば、乳歯列期に反対咬合であっても上下顎の前歯が生え替わる時期に3~1割程度(この数値には諸説あります)の方は自然に治ります。そのため、機能性の反対咬合のお子さんの治療開始は、それほど急ぐことはなく、前述の前歯の生え替わりを待ってからがよいと思います。ただ、骨格生反対咬合であっても、乳歯列の幼稚園児に、矯正装置を装着いただくことは難しいことが多く、結局は、小学校入学後の治療開始になることが多いと思います。

※乳歯列期の反対咬合ですが、上記の様に数割の子供さんは、自然に解消される場合はあります。反対にいえば、7~9割の子供さんは、自然には治らないということです。そのような場合に、乳歯列期での反対咬合の治療も行う場合があります。4~5歳位で、夜間にお口の装置を使っていただけるお子さんなら、治療可能だと思います。ただし、そのような時期に治療を開始するかどうかは、矯正歯科主治医とご相談ください。(詳しくは「乳歯列期の矯正治療」の項目を参照

もう一つ、留意すべき点は、下顎骨は、長官骨(手や足の長い骨)と同じ仕組みで成長いたします。そのため、前述の上顎骨とは異なり、成長期の間は、全身成長と同じように、下顎骨の成長が続きます。
そう考えますと、「受け口」の場合、「様子を見ましょう」では、全身成長に伴って受け口が酷くなることを理解する必要があります。
結局、

  1. 上下顎前歯の生え替わり期(小学校1~2年生)に自然解消する可能性がある
  2. 全身成長に伴って悪化する
  3. 矯正装置が使える年齢まで待つ必要がある。

の3点が重要となります。「受け口の治療開始は、小学校入学後で、上下顎の前歯が交換して、なるべく早い時期」の治療開始が望ましいとなります。

ただ、「全身成長と共に下顎骨は成長する」ということから、いったん治っていた受け口が、第二次成長期の全身発育に伴って再発する場合があります。そのような場合は、どうしても永久歯の抜歯や外科手術を伴う矯正治療に移行せざるをえないケースが出てきます。実際、当院で、受け口の矯正治療を開始する年間70人ほどの患者さんの中で、5%程度の方が、受け口を再発し、再治療が必要となります。また、1~2%程度の方は、外科手術をともなう矯正治療が必要となります。これも、言い換えれば、98%の方は、通常の矯正治療で治療可能と言うことになります。

下顎前突の治療例

小学校1年生で受け口のため、リンガルアーチチンキャップで前歯の被蓋改善より開始いたしました。その後、定期的に成長を含めた観察を行い、最終的にエッジワイズ装置を用い非抜歯で、八重歯の治療まで行っております。このケースも早期に前歯のかみ合わせを改善できたため、良い治療結果となりました。

  • 初診時
  • 治療途中
  • 動的治療終了時

治療案内の他のコンテンツ