症例紹介
Loading

開咬

叢生(乱ぐい歯)

下顎前突(受け口)

★9歳 女子 混合歯列 抜歯 (抜歯部位:下顎小臼歯)

担当医:
布袋裕美

かかりつけ医に前歯がかみ合わない(開咬)を指摘され来院された9歳の女の子です。前期治療としてタングクリブを装着し、舌の突出癖の防止を図り、MFTも併せて行っております。リンガルアーチを装着し、前歯の被蓋獲得しました。成長期の下顎の成長が大きかったことから、治療中、クォードヘリックス、チンキャップを併用しました。永久歯列になってから、エッジワイズ装置に移行いたしました。その際、下の前歯の傾斜が大きかったことから、下顎小臼歯抜歯ケースとして治療いたしました。そのため、歯の角度も改善され、均整のとれたprofileを得ることができました。

患者さんからの感想

ここに初めて来院したときは、とても不安でしたが、ほてい先生の親切・丁寧な説明があったおかげで安心して治療を進めることが出来ました。先生とたくさんのスタッフさんのおかげで昔とは全く違う歯並びになり、とても嬉しいです。
本当にお世話になり、ありがとうございました。

クリニックコメント

チンキャップは、可撤式装置で患者様の協力が必要な装置です。非常に頑張って頂きました。その甲斐あって、良好なプロファイル(側貌)となりました。治療結果に満足していただき喜んでおります。

症例画像

初診時

動的治療中

動的治療終了時


症例紹介の他のコンテンツ

診断別

年代別

担当医別

その他

フリーワード検索

症例詳細検索はこちら

歯科矯正治療による偶発症などについてはこちらをご参照ください。