症例紹介
Loading

上顎前突(出っ歯)

叢生(乱ぐい歯)

欠損歯

★25歳 女性 永久歯列 抜歯 (抜歯部位:上顎その他)

担当医:
柴口竜也

初診時25歳の女性で、出っ歯を主訴として来院されました。
治療としましては、上顎左右側切歯(2番目の歯)、計2本を抜歯して治療を行いました。通常なら前から4番目の第一小臼歯を抜歯するところですが、上顎左側側切歯の根尖に病気があったこと、抜くなら左右対称が望ましいことが、その理由です。
また、下顎は右側第二小臼歯(5番目の歯)が先天欠如しており、その部位に人工歯が装着されていました。その人工歯を撤去して、下顎の歯を並べました。
使用した装置は、白いセラミックブラケットのエッジワイズ装置でした。治療期間は2年7ヶ月でした。

患者さんからの感想

治療費が高い事、綺麗な歯並びになるのに数年かかること、治療の痛みに対する不安…があり 治療を決めるまで なかなか踏ん切りがつきませんでした。
治療中は、想像した痛みよりもはるかに軽く、動いていく歯を見るのを楽しむ…ぐらいの余裕が出てきていました。
綺麗な歯並びになった時は本当に嬉しくて、“あんなに悩まなくて良かった…”と思いました。
気付くと口元を手で隠す癖も直っていました。
毎回丁寧な説明をして頂けるので、とても安心できました。
本当にありがとうございました!

症例画像

初診時

動的治療終了時


症例紹介の他のコンテンツ

診断別

年代別

担当医別

その他

フリーワード検索

症例詳細検索はこちら

歯科矯正治療による偶発症などについてはこちらをご参照ください。